名もなき庶民の懐に飛び込み、ありのままの息遣いを伝える。気品にあふれ、文化の薫り高いその番組は、子どもながらに、まだ見ぬ国々への好奇心をかき立てられた▼海外紀行番組の案内役を31年務めた旅行ジャーナリストの兼高かおるさんが亡くなった。90歳。