名護市辺野古の新基地建設の埋め立ての賛否を問う県民投票の投票事務に応じない方針を固めている自治体に対し、県は来週にも投票事務に法的義務が生じる地方自治法に基づく「是正の要求」を実施する方針を固めたことが10日、分かった。