【沖縄】名護市辺野古の新基地建設の賛否を問う県民投票へ不参加を表明している沖縄市の桑江朝千夫市長は12日、市役所で会見し、県の投票実施の勧告に対し、投票事務を実施しないと11日に回答をしたことを明らかにした。桑江市長は「市民の付託を受けた市議会で2度にわたる予算の否決はたいへん重く、尊重せざるを得ない」と語った。

県民投票不参加を改めて表明する桑江朝千夫沖縄市長(中央)=12日、沖縄市役所

 また「米軍普天間飛行場の危険性の除去に一切触れられておらず、辺野古の基地建設に対して賛成か反対かの二者択一では多様な民意を推し量ることは難しい」とも述べた。