シンポジウム「シマのことばの危機」(主催・琉球大学国際沖縄研究所)が23日、那覇市の県立博物館・美術館であった。研究者らが地域の言葉の多様性や継承のあり方を議論し、約50人が耳を傾けた。