13日は旧暦12月8日のムーチー(鬼餅)の日。沖縄県内では、サンニン(月桃)の葉に包んで蒸したムーチーを軒下に下げるなどして厄払いや健康を祈願する。

できたての手作りムーチーを頬張る子どもたち=12日午後、那覇市・久場川児童館(金城健太撮影)

 那覇市の久場川児童館では12日、子どもと保護者約30人でムーチーを手作り。子どもたちは黒糖や紅芋などを混ぜ込んだ3色の餅を、小さく丸めたり、細長く伸ばしたりしていた。

 宮本楓子(ふうこ)ちゃん(5)=那覇市=は「お餅こねるのが楽しかった。何回も作ったことあるから簡単だったよ」と誇らしげ。父の宗周さん(37)は「子どもたちが1年、元気でいてくれたら」と願った。

 本来は県内で最も寒い時期(ムーチービーサー)に当たるが、13日の沖縄地方は曇りで時々晴れ間も見える見込み。那覇市の同日の予想最高気温は20度、朝の最低気温は18度で、そこまで寒くはなさそうだ。

………………………………………………