沖縄県那覇市消防局(島袋弘樹局長)は7日、12月に同市識名で発生した民家火災で救助と消火活動に当たった新垣めぐみさん(40)、愛佳さん(21)、拓(ひろむ)さん(19)親子に感謝状を贈った。

感謝状をもらった(右から)新垣愛佳さん、拓さん、めぐみさん=7日、那覇市銘苅・那覇市消防局

 火災は昨年12月19日午前1時前に、新垣さん宅に隣接する2世帯が入る長屋1棟で発生。全焼する火事だった。

 就寝中だった愛佳さんが、発火した家に住む70代女性の「火事だよ」という声で目覚めて覚知。母のめぐみさんに119番通報を依頼し、愛佳さんは庭の窓から女性を背負って連れ出し、弟の拓さんはホースで放水して消火に当たった。めぐみさんは出火した家の隣の部屋に住む90歳の男性の避難誘導もした。

 救急救命士の資格を持つ消防士になることが夢で勉強中という愛佳さん。「救助するときは煙も上り、熱さも感じたけど、無我夢中だった。慌てずに冷静に指示できた」と振り返る。めぐみさんは「子ども2人が落ち着いて行動できてよかった。日頃のコミュニケーションがあるからできたと思う」と喜んだ。

 島袋局長は「家族3人が連携して2人を救助したことは表彰に値する。消防も負けないように頑張りたい」と話した。