【那覇】沖縄発モデルアイドル進化系グループ「OBP」のメンバーがこのほど、市役所に城間幹子市長を訪ね、日本一のご当地アイドルを決める大会「汐留ロコドル甲子園2018」で1位になったことを報告した。

活動をPRしたOBPのメンバーら=那覇市役所

 OBPは2015年に沖縄で結成されたモデルアイドルで現在、7~23歳の20人が活動。東京でモデルや女優として活動しているメンバーもいて、同日はれんれんさん(10)、るーりーさん(9)、さくらさん(16)、ココネさん(8)、華彩さん(7)の5人が訪れた。沖縄で活動しているメンバーは市牧志にあるディネアンドインディーの本社事務所で週2回レッスンし、トランジットモール時の国際通りでも路上ライブを重ねている。

 2月に4番目のシングルを、4月には初のアルバムを発売予定。5月には東京でのワンマンライブも計画しているといい、メンバーたちは「19年はパフォーマンスのレベルを上げ、ファンを増やし、沖縄から世界に羽ばたきたい」と抱負を語った。

城間市長(後列右)を表敬したOBPのメンバーら