琉球大学医学部付属病院(國吉幸男院長)で昨年8月、妊娠17週の子宮頸(けい)がん患者の30代女性に、子宮と胎児を残したまま患部を切除する手術を行い、成功したことが24日分かった。