【今帰仁】3月1日に名護市民会館で開かれる第30回北部芸能祭に向け、村仲尾次の上間久武古典音楽研究所に通う生徒たちが稽古に励んでいる。伸び盛りの子どもたちは、他の教室との斉唱が「楽しみ」と、わくわく感を隠せない。  30回の節目を迎える芸能祭は、やんばるに春の訪れを告げる舞台行事として定着した。