沖縄タイムス+プラス プレミアム

辺野古、土砂の性状に疑義 投入から1カ月 建設阻止へ動く沖縄県

2019年1月15日 08:17有料

 沖縄県名護市辺野古の新基地建設を巡り、政府が土砂を海域の一部に初めて投入して1カ月が経過した。県は投入後も土砂の性状検査に疑義があるとして行政文書で中止を指導するなど建設阻止の動きを続ける。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気