名護市辺野古の新基地建設を巡り、沖縄防衛局が埋め立て用の土砂を海域に投入してから14日で1カ月がたった。この日は工事はなかったが、海上で抗議行動するカヌーチームのメンバーは「少しでも工事を遅らせて、辺野古の工事を止めたい」と声を上げた。