名護市辺野古の新基地建設を巡る県民投票で、宮崎政久衆院議員が保守系議員の勉強会で「予算を否決することに全力を尽くすべきだ」と記した資料を配布していた。県民からは「県民の心から離れている」「圧力を掛けるのはおかしい」といった声が上がる。