第45期3回目のタイムス女性倶楽部(主催・沖縄タイムス社)が14日、宜野湾市内のホテルであり、医学博士の池谷敏郎さんが、長生きのために心掛けたい生活習慣をアドバイスした。

長生きのこつについて話す池谷敏郎さん=宜野湾市・ラグナガーデンホテル

 内科・循環器科の専門医の池谷さんは「血管全体がしなやかで内側が滑らかな『血管力』の高い人ほど、見た目の若さや健康を保っている」と説明。肉中心の食事や運動不足など、血管の老化を早める生活習慣はがんや認知症などのリスクを高めると解説し、血流をよくすることの重要性を強調した。

 魚に含まれる脂分が血管の老化につながる炎症を抑えることや、血糖値の急な上昇を防ぐ豆類などの食物繊維を積極的に摂取するよう助言。「血管力を高める生活は、体だけでなく気持ちも若返らせる。きれいな姿勢を心掛けるなど、すぐできることから試してみてほしい」と呼び掛けた。

 花城真理さん(54)=宜野湾市=は「魚をもっと食事に取り入れていきたい。『ぴんぴんころり』を目指したい」と話した。