政府がデマ拡散抑止対策に乗り出すのは、フェイク(偽)ニュースに影響を受けた人々の投票が選挙結果を左右しかねないとの危機感が背景にある。民主主義の根幹を揺るがす事態になる恐れもあり、政府は体制整備を急ぐ考えだ。