「己の命の限り、懸命に歌舞伎に生きていきたい」。東京・歌舞伎座で記者会見を開き、緊張した表情で切り出した。来年5月、父が名乗っていた江戸歌舞伎を象徴する大名跡、市川団十郎を襲名、白猿と名乗る。  舞台で見せるにらみは、迫力満点。抜群の存在感で観客の目をくぎ付けにする。