丸の内や品川をはじめ、駅前など商業地の再開発が進む東京。人口の集中や五輪開催などを背景に、東京の地価は高いというイメージがある。だが著者は、そうした東京の内部では、都心・商業地などと、住宅地で、二極化が進んでいると指摘する。