組踊をモチーフとした「恋口説〜執心鐘入より」(みうらもとお脚本・演出)が18日午後7時から浦添市の国立劇場おきなわ小劇場である。踊りやパントマイムで物語を描くノンバーバル作品。かりゆし芸能公演の一環。 小悪党だった男が改心して寺の小僧となり、修行中に通りがかった山で出会った娘と恋に落ちる筋立て。