共同通信のアンケートでは、道路沿いの休憩施設として設置された「道の駅」が多くの観光客を集め、地域活性化の新たな拠点になっているとの回答が目立った。宜野座村では好調な集客が地域経済の追い風になっているという。