○…新春の集いで、亥(い)年にかけて「山より大きなイノシシは出ない」と抱負を述べた照屋寛徳衆院議員(社民)。「入れ物よりも大きな中身などない」という例えの亥年バージョンで、仏教では「降りかかる試練は全て乗り越えられる」という意味だと解説。