毎週土曜日の夜は「まんが日本昔ばなし」(1975年)を見て育ったから、あの声は耳に焼き付いている。