沖縄タイムス紙面掲載記事

名護城の桜 進む老化/腐食や倒木次々/(31面に続く)

2019年1月15日 05:00

 【名護】「さくらのまち」をうたう名護市の名護城公園周辺のカンヒザクラが老木化し、腐食や台風による倒木などの被害が目立っている。毎年、開花の時期は桜目当ての観光客が大勢訪れるとし、民間団体「名護さくらの会」は市に保全や植え替えなどを求めている。

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気