名護市辺野古で進む新基地建設の埋め立て工事の賛否を問う県民投票について、市町村議会の関連予算審議前に、保守系議員を対象に自民党の宮崎政久衆院議員が資料を作成していた件で、投票実施を訴え活動してきた若者たちから「真意が分からない」などの声が上がった。