紫紺のジャージーが冬空に復活した。監督に就任して1季目。全国大学選手権で歴代2位の優勝回数を誇る名門の母校、明治大を22大会ぶりの頂点に導き「初優勝のような気持ち」と喜びをかみしめた。 優勝は、名物監督の北島忠治氏が亡くなり、自身はスクラムハーフで出場した1996年度以来。