【松田良孝通信員】日本統治下の台湾で、那覇出身の医師、南風原朝保氏(1893〜1957年)が住居兼診療所として台北市内に建てた木造2階建ての旧南風原病院が12月22日までに取り壊された。