空手道、なぎなた、相撲、柔道、剣道、弓道、少林寺拳法、合気道、銃剣道の9団体で組織する県武道連絡協議会の鏡開き式・武道始めが13日、県立武道館アリーナで行われ、275人が合同初稽古に臨んだ。  開会式で同会の佐喜眞望会長が「武道はわが国の伝統文化として継承・発展し、今日に至っている。