自民党の宮崎政久衆院議員は13日、沖縄タイムスが同日紙面で県民投票に関する宮崎氏作成の資料が保守系議員に配布されたとの報道を認めた上で、「私が一定の見解を強制できるものではなく、その後の判断は有権者の負託を受けた各議員の考えによる」とのコメントを発表した。