与那国町特産の薬草「長命草」(ボタンボウフウ)に含まれる成分「プテリキシン」が生物の細胞に直接働き、肥満を抑制することが琉球大学熱帯生物圏研究センター長の屋(おく)宏典(ひろすけ)教授らの研究で分かった。