沖縄タイムス+プラス プレミアム

「民意」実現へ〜住民投票の現場から(12)新潟県刈羽村プルサーマル計画 賛否双方 地域を思う

2019年1月14日 05:00

 東京電力柏崎刈羽原発への「プルサーマル計画」受け入れを巡る住民投票が行われた2001年当時の村長、品田宏夫村長(61)は今もその職を続ける。国全体のエネルギー政策に関わり、村に権限のない原発の問題を一自治体の住民投票で決めることには今も否定的だ。

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間