沖縄タイムス+プラス プレミアム

「民意」実現へ〜住民投票の現場から(12)新潟県刈羽村プルサーマル計画 賛否双方 地域を思う

2019年1月14日 05:00有料

 東京電力柏崎刈羽原発への「プルサーマル計画」受け入れを巡る住民投票が行われた2001年当時の村長、品田宏夫村長(61)は今もその職を続ける。国全体のエネルギー政策に関わり、村に権限のない原発の問題を一自治体の住民投票で決めることには今も否定的だ。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間