ソ連の軍隊が同国からの独立を目指すリトアニア共和国の首都ビリニュスを戦車で攻撃し、テレビ・ラジオ局などを占拠した。銃撃で多くの市民が犠牲になる惨事となった。