県民投票を全県で実施してほしい−。若者の有志たちがそう訴え、11日、県や県議会の各会派に要請文を提出して回った。名護市辺野古の新基地建設による埋め立てへの賛否を超えて9万人以上が投票を求めるために署名したことの重みを伝えたい、と自分たちで動いた。「原点である署名集めに立ち戻って考えてほしい」と願う。