昨年5月10日に日台漁業協定が発効した後の5~7月の八重山漁協全体のクロマグロ水揚げ高は約20トンで、直近3年間の平均水揚げ高(約25トン)の約2割減であることが27日、分かった。県議会2月定例会の代表質問で、県の山城毅農林水産部長が照屋大河氏(社民・護憲)の質問に明らかにした。