剣道の強豪・小禄の向山直輝(2年)が、南部九州総体出場へ人一倍の気合を込めている。大会が古里の熊本市で開かれるからだ。「沖縄での生活を後押しした先生もいる。成長した自分の姿を見せたい」と意気込む。  小学1年の時に見学した熊本の道場で、竹刀を振る生徒の姿に「格好いい」と競技を開始。