本部町の旧上本部飛行場跡で農場や宿泊施設などを備えた観光施設を計画している沖縄ハム総合食品の関連会社「おきなわん・ひやみかち・もとぶ」(読谷村)の長濱徳松社長は11日、観光農場を整備する第1期工事に、今春にも着手したいと語った。 沖縄ハム総合食品の総菜工場の地鎮祭後、記者の取材に明らかにした。