厚生労働省は、「毎月勤労統計」の不適切調査により雇用保険の失業給付や労災保険を過少支給した延べ約1973万人に、不足分は全て追加支給するとしている。だが、1千万人以上は住所が把握できず、既に死亡した人がいる可能性もある。支給にはシステム改修が必要で、対象者には手紙で連絡するが、実施の道は険しい。