玉城デニー知事は11日、名護市辺野古の新基地建設に伴う埋め立ての賛否を問う県民投票について、不参加の自治体が出た場合でも投票日を延期せず、予定通り2月24日に実施する考えを示した。選択肢を増やすなど県条例の改正は「さまざまな課題があり難しい」との見解を示した。