沖縄県本部町の八重岳で、鮮やかなピンク色のヒカンザクラが咲き始めている。晴れ間が広がった15日、行楽客らが一足早い花見を楽しんでいた。東京都から観光で訪れた高水久美男さん(70)は、「本土のサクラと比べて、花の色が濃くて小ぶり。とてもかわいらしい」と写真に収めていた。

ピンク色の花を咲かせ始めた八重岳のヒカンザクラ=15日午後、本部町(金城健太撮影)

 町商工観光課によると現在は2分咲き。19日からは「第41回もとぶ八重岳桜まつり」が始まる。2月3日まで。