沖縄タイムス+プラス プレミアム

辺野古:新たな土砂投入方針を批判 「係争委の結論まだなのに」謝花副知事

2019年1月16日 14:00有料

 名護市辺野古の新基地建設を巡り、政府が3月にも辺野古側の2カ所目の区域に埋め立て土砂を投入する方針を固めたことを受け、県の謝花喜一郎副知事は15日、沖縄タイムスの取材に「埋め立て承認撤回の執行停止に関する国地方係争処理委員会の結論が出ないうちに、新たな土砂の投入を決めるのはおかしい」と述べた。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
前の記事へ 次の記事へ
連載・コラム
きょうのお天気