世界文化遺産に登録されている岐阜県白川村の白川郷で14日、合掌造り集落のライトアップが始まった。夕闇の中、雪化粧したかやぶき屋根がオレンジ色の照明に浮かび上がり、集落を見下ろす高台ではスマートフォンを取り出して撮影する観光客の姿が見られた。  今年で33回目となる冬の風物詩。