難病の筋ジストロフィーを患いながら自立生活を送る男性と、介助ボランティアの交流を描いたノンフィクションの傑作「こんな夜更けにバナナかよ」が映画化され、全国公開中だ。2003年の原作刊行から約15年。