今、私たちが生きる社会はどんな状況にあり、小説はどんな役割を果たせるのか。そのことを考え抜き、普遍的な物語に昇華させたのが、作家平野啓一郎さんの新作「ある男」(文芸春秋)だ。 「みんな現実に疲れ、将来の不安も大きい。