帝国データバンク沖縄支店が15日に発表した2018年の県内企業倒産集計によると、発生件数は前年比11・6%減の38件で、現在の集計方法になった05年4月以降で3番目に少なかった。観光と建築業界の好調さが関連業界に波及し、県経済が良好だったことが要因。