ANAホールディングス(HD)が、ロシア路線の新規就航に向けて調整を進めていることが15日、分かった。2020年春を目指しており、同社がロシアを目的地とする直行便を飛ばすのは初めて。日本とロシアの関係強化の動きを背景に、ビジネス客や観光客など新たな需要の取り込みを図る。