村田製作所の村田恒夫会長兼社長は15日までに共同通信のインタビューに応じ、スマートフォン向け電子部品の需要拡大などに対応するため2019年度も3千億円規模の高水準の設備投資を行う方針を明らかにした。うち過半は福井や岡山など国内拠点の生産増強に充てる。