毎月勤労統計の調査不正の問題−その深刻さと影響の度合いの広さは、今後さらに明らかになっていくだろう。今はまだ、全容が徐々に見え始めている段階にすぎない。  現段階でも疑問点・論点は山積みである。