共同通信 ニュース

地上イージス、説明し不安払拭を 配備候補地の調査で菅氏

2019年1月16日 17:54

 菅義偉官房長官は16日の記者会見で、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備候補地で実施するレーダーの電波影響調査の結果について、地元への説明を尽くし、不安払拭に努める考えを示した。「イージス・アショアのレーダーが使う電波の安全性について理解いただけるよう、丁寧に説明していきたい」と述べた。

 防衛省は配備候補地の陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)と、むつみ演習場(山口県萩市、阿武町)で3月末までに調査を実施する方向で調整している。菅氏は「地元から実際に電波を照射して調査してほしいと要望があり、防衛省で検討している」とした。(共同通信)

あわせて読みたい

関連リンク

共同通信 ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS