昨年1月に中学生だった川崎市の在日コリアンの男性をブログで人種差別的に中傷したとして、昨年12月に川崎区検が侮辱罪で大分市の男(66)を略式起訴し、川崎簡裁が科料9千円の略式命令を出していたことが16日、分かった。記者会見した男性の代理人によると、インターネットのサイトに匿名で書き込んだ中傷に対し、侮辱罪で処罰したのは初とみられる。

 起訴状などによると、男は昨年1月22日、川崎市の音楽イベントに参加した男性を取り上げた新聞社のネット記事を引用し、実名を挙げて在日差別に当たる中傷をブログに投稿。不特定多数が閲覧できる状態にして公然と侮辱したとしている。(共同通信)