沖縄タイムス+プラス プレミアム

自民・宮崎氏、県民投票への影響力否定 市町村の執行義務は「判断できない」

2019年1月17日 08:49

 「圧力をかけたことはみじんもない」。16日、県民投票を巡る保守系議員の勉強会で配布した資料について会見を開いた自民党で弁護士資格を持つ宮崎政久衆院議員。県民投票の全県実施を望む市民の疑念や怒りを振り払おうと声を張り上げた。 宮崎氏はこの日、勉強会で配布したという資料を改めて報道陣に示した。

「県民投票」これまでの記事一覧


「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気