うるま市における電気自動車(EV)の製造と活用の可能性を探るシンポジウム(主催・ものづくりネットワーク沖縄)が2月28日、市内の県工業技術センターで開かれた。電気工学の専門家やEV充電サービスの開発者らが県内外の取り組みを発表し、経済波及効果や、普及に向けた課題などについて意見を交わした。