「圧力をかけたことはみじんもない」。16日、県民投票を巡る保守系議員の勉強会で配布した資料について会見を開いた自民党で弁護士資格を持つ宮崎政久衆院議員。県民投票の全県実施を望む市民の疑念や怒りを振り払おうと声を張り上げた。