県内でインフルエンザがまん延しているとして県地域保健課は16日、インフルエンザ流行警報を今季初めて出した。今年第2週(7〜13日)に県内58定点医療機関から報告があった患者数は2422人で1定点当たり41・76人となり、警報発令基準の30人を超えた。注意報を発令した前週より13・23人増えた。